上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校が始まってもうすぐ2週間。 
やっと生活が落ち着いてきました。

娘の学校は2学期制だけど夏休みはきっちり8月31日まで。
今年もギリギリまで宿題してました。
今時の小学生の宿題って多いねぇ。

マカロン2


↑ は娘の自由研究。 研究というか工作ですね。
100均とかで買える紙粘土(軽量粘土)でお菓子作り。
フェイクスイーツっていうのかな??
 
マカロン

こんな感じで木箱にくっつけて『タカラモノバコ』に。
パーツは全部、娘作。
型(←ワタシ作)を使ったものもあるけど型ナシで頑張ったものもたくさんあります。

娘のとなりで同じものを作りながら作り方を教えたので
時間がかかって大変だった----。

木箱はセリアで買ったものが家にあったのでそれにペンキを塗りました。
キラキラの取っ手は100均で買った『画鋲』を再利用。


続きます ↓
マカロン1

ベリーのマカロン。

いちごの断面の模様はスポンジで描いてます。
アクリル絵の具で模様描き→ガラス絵の具を塗る→ニスを塗る
の工程で瑞々しい断面に。

ただの紙粘土を『いかに食べ物に似せるか』がテーマ。
ブルーベリーの形やスグリの色、本物に近づけた??
ミントの葉も紙粘土で作りました。

アイスクリーム

アイスクリームは3段重ね。
他にもキャラメル味やらチョコ味」・ポッピンシャワー風なんかも作ったけど
色味の可愛さからこの3色で。

ホットケーキ

ホットケーキもベリーのせ。
いちご味のソースは接着剤をアクリル絵の具で着色したもの。
キウイとバナナ、クリームも紙粘土製です。

クリームはシリコンをしぼるのが一般的みたいですが、
小学生にシリコンを使わせるのが嫌だったので粘土でできるようにしました。

パイ

娘が作りたがった源氏パイもどきと

 マドレーヌ

マドレーヌ。
この2つは娘にはちょっと難しいのでワタシの作った型を使いました。

目の粗いスポンジでザラザラした焼き菓子の質感を出しています。
焼き色を付けるのは目の細かい化粧用のスポンジで。

ホットケーキ、パイ、マドレーヌそれぞれ焼き色が少しずつ違います。

花ライン

他にもアイシングクッキーやドーナツなんかも作りましたが
娘曰く『時間がかかるけど、難しくはない』そうです。
(まぁ、簡単そうな方法で作っているのですが…。)
娘的に1番難しかったのは『クリームをキレイに絞ること』だそうです。


材料も100円ショップで揃うものばかりを使っているので材料費はお手頃。
いっぺんに出来る作業ではないので
(↑ 1つの作業をしたら乾燥させないといけないから)
日数は要りますが工作が好きな子にはおすすめです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。